カラーコンタクトについて

おしゃれな人の間では、ファッションアイテムとしてカラーコンタクトを使用している人がたくさんいます。使用すると、華やかな雰囲気を醸し出せるところが魅力となっています。利用することができる色や柄は豊富にそろっており、それぞれの個人が好きなカラーコンタクトを選んでいます。

おしゃれを楽しむためにカラーコンタクトを使用する人が多くいますが、乱視の人でも気軽に利用することができます。レンズの中には、乱視の人でも安心して使うことができるものが販売されているため、気後れすることなく利用できるところが魅力となっています。

乱視用のコンタクトレンズ

コンタクトレンズは、近視用、遠視用、乱視用などに分かれています。乱視の人は、乱視用のカラーコンタクトを選ぶ必要があります。眼球のゆがみの状態は人それぞれなので、眼科で測定してから目に合ったカラーコンタクトを購入しましょう。度の入っていないファッション用のものと違って販売しているお店が少ないため、眼科の先生に販売しているところを聞いてみると良いかもしれません。

目の安全性が重要ですから、あまりに安い商品は避け、品質のしっかりしたものをお求めになることです。使用の最中も、定期的な眼科の検査が必要になります。

瞳のカラーを変えて印象をチェンジ

色付きの瞳を手にしたい人の必須アイテム

日本人にとって黒い瞳は大きな魅力でもあり、逆にコンプレックスにもなるもの。特にオシャレや可愛いことが大好きな女性にとっては外国人のようなカラフルな瞳を手にしてみたいと願う人も多いことでしょう。そんな願いを叶えてくれるのがカラーコンタクトです。カラーコンタクトならばブルーでもオレンジでも赤褐色系でも自分の好みの瞳の色を手軽に取り込むことが可能となります。

また視力の悪い人のために、資料矯正用の度入りコンタクトであったり、または乱視にもきちんと対応したものも備わっており、まさにオシャレを身体の一部として使いこなすスタイルが出来上がっています。最近ではネット通販などでも自由に購入できるようになっており、ますます身近なアイテムとして人気を高めそうです。

乱視の矯正方法は近視や遠視の矯正方法とは違いがあります。近くも遠くもぼやけるので、近視や遠視が距離によって見え方が違うのに対し対象となるものまでの距離は関係なく、ピントが合わないことが原因なのでそれを矯正する必要があります。

乱視用のカラーコンタクトでなくても近視を強くすればよいなどという人がいますがこれは大きな間違いです。その方法は目の疲れによって悪影響を及ぼすことが多く、頭痛や肩こり、目の疲れ、視力低下、吐き気などを引き起こすことがあります。

度数や乱視軸などを調整する必要がありますので、きちんと自分にあったカラーコンタクトを選んで目に負担をかけないようにしましょう。

視力が悪くてもおしゃれを楽しめる

乱視を矯正してオシャレを楽しめるカラーコンタクト

服装やメイクで自分のイメージをチェンジさせる楽しみがある一方で、最近では自分の瞳の色を手軽に変えてガラリと違ったイメージを獲得できるカラーコンタクトが脚光を浴びています。裸眼視力が高い人は度なしのカラーコンタクトを装着することでいつもと違った瞳を手に入れることが可能ですが、視力の悪い人もまた度ありのカラーコンタクトで視力矯正しながらオシャレを楽しむこともできます。そしてもちろん乱視を持った人でも同じように矯正できるので安心。まずは眼科医の診察や視力検査を受けた上で、自分の目のコンディションに最適の品を選択することが望ましいでしょう。

乱視用を購入するには

カラーコンタクトには、乱視用も発売されています。一般的なカラーコンタクトと矯正するポイントが異なるため、どのくらいボヤけがあるかを数値化したCLYと乱視の角度であるAXISの2つのデータが必要になります。また、近視も混ざっている場合には、球面度数であるSPHや度数であるPRWのデータが必要になります。そのため、通常のレンズよりも割高になることがあります。
注文する前には、データを知るためにも眼科にて検査と装着指導を受けることになります。使用する際には、装用時間と装用サイクルを守り、定期的に眼科医にて検診を受けることです。”

乱視を矯正しながらカラコンでくっきりおめめ

乱視を矯正しながらくっきりデカ目が可能です

カラーコンタクトレンズの製法にはキャストモールド製法とサンドイッチ製法があります。
キャストモールド法はレンズに着色料を混ぜて作る方法で、薄くて柔らかいレンズが作れるため着け心地の良いのが特徴ですが、不良品があった場合には目に着色料が触れて充血したりするデメリットがあります。
これに対してサンドイッチ法は2枚のレンズの間に着色料をいれるもので、着色料が目に直接触れにくい点で安全性が高いですが、レンズが分厚くなったり固めになったりして着け心地がやや劣るといったデメリットがあります。また、価格が高くなることや、厚さが増すので酸素の供給も少なくなるデメリットもあります。
もっとも、最近では両者のメリットを生かした非常に薄いものが作れるようになっており、デメリットは改善されて敷居が低くなってきています。
ところで、乱視の場合には使えるカラコンは少なく、CYLやAXISに対応しているレンズがないので普通のコンタクトで諦めてしまっている方も多いと思います。
そんな方たちには乱視用カラコンがお薦めです。今ではおしゃれなカラコンも増えてきており、これで乱視を矯正しながら、くっきりデカ目が可能になります。

 

乱視用カラーコンタクトについて

現代人は視力が悪い方が多くいるのではないかと思われます。近視や乱視に悩まされている方も多くいるでしょう。カラーコンタクトでもそのような方に対応した度ありのレンズや乱視用のレンズが販売されています。

やはり、ピントが合わないレンズを使っていても不快感があることでしょう。少し割高になるものの、乱視用のカラーコンタクトを使い、快適な視界でおしゃれも楽しみたいものです。そして、取扱い方法を守ることが重要です。

ケアの仕方は普通のカラーコンタクトと同じなので、眼科へ定期的に検査に行くことも忘れないようにしましょう。

乱視用カラーコンタクトとは?

乱視とはピントが合わない状態の事をいい、意外とその人数も多くいます。
軽度であれば問題ないですが、乱視度数が高ければ矯正する必要があります。

そして最近流行のカラーコンタクトも、乱視用が販売されてますが、購入する際は様々なデータが必要になってきます。
そのため一般的なカラーコンタクトのように、通販でサッと購入する訳にはいかず、かならず眼科でチェックしてもらう事が必要です。
またレンズの価格ですが、1枚1枚が特注となるので高めになっています。さらに注文したらすぐに届くというものでもなく、到着まで1か月前後かかってしまう事もあります。

カラコンの特徴

カラーコンタクトレンズ(カラコン)とは、付けるだけで目の印象を変えられるアイテムであり、度ありタイプや度なしタイプなどがあります。
また、最近では乱視用カラーコンタクトレンズというのも販売されているため、どんな人でも気軽にカラコンによるお洒落を楽しめるようになりました。
乱視は近視とは異なっており、近くにあるものでもよく見えなかったりする目の状態であり、視力低下の原因の一つと考えられています。
乱視用カラーコンタクトレンズを購入したいという場合、まずは眼科で診断してデータを取得してから最適なものを選んでいくことになります。